身体が痛くなった時に読むブログ

身体の不調を感じた方々にとってタメになる情報をお伝えできればいいなと思います。

めっちゃ痛いわ~!病院行ったらどうにかなるやろ!

タイトルのような気持ちで病院へ来る方は沢山います。

 

極端な例で言いますとね。

 

~診察室にて~

患者「膝痛すぎる!アカン病院行かな!」

医者「これは手術せなアカン!人工関節やろな!」

患者「まじか!・・・でもお医者さんが大丈夫言うてるし、近所の○○さんもこの前手術してたから問題ないやろ。。。」

医者「人工関節の手術で入院して・・・なんやらかんやら・・・」

 

~手術終了後~

医者「手術は問題無く終わったで!大丈夫や!」

患者「フ―・・・結構しんどかったなー、早く帰りたいわー」

医者「あとはリハビリだけです!理学療法士と一緒に頑張って下さい!」

 

~術後1週間、理学療法士との歩行訓練中~

患者「めっちゃ痛いわ!なんやねん手術成功してんのにめっちゃ痛いやんか!」

理学療法士「手術で身体の組織を切ってるし・・・炎症もまだ強いんで・・・」

患者「なんやねん、すぐ帰れると思ったのに!手術する前よりしんどいわ!」

理学療法士「・・・」

 

 

「おわかりいただけただろうか」の画像検索結果

 

こんな感じの患者さん結構います。別に患者さんが悪いってわけではありません。

 

ただ言いたいことは

 

人間の身体は機械と違って部品交換すれば治るわけでは無い。

 

手術する=身体にキズ(切り傷)をつくる

 

メスで身体を切る以上は当たり前です。

内視鏡手術といって身体へ最小限の傷で行う手術もありますが、ゼロではありません。

転んだ際に、擦り傷を負うことありますよね。あれのひっっっっどいバージョンと思っ

て下さい。

 

 

基本的に自然治癒を待つしかありません。

手術すればすぐに元気な状態に戻るとは限りません。

だから健康って大事なんです。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

手術を避けるためには?手術したあとどうすれば早く退院できるのか?

 

次回書いていきたいと思います。